10月度 5S指導会を開催しました

10月度 5S指導会を開催しました

開催日時:2021年10月26日(火)15:10~16:30

弊社では毎月開催していた5S指導会をコロナ禍の事情で中止しておりましたが、本年度4月より密を避け、時間を短縮し、5S指導会を再開しました。(9月度は開催中止しました)
日頃の安全(リスクアセスメント)・5S改善の成果発表会を行い、特に安全・品質・生産性が向上した素晴しい内容には優秀賞が投票によって決まり、表彰式では記念品が贈られます。

 

部署名 総務Gr
テーマ(安全) サーマルカメラ導入に依るコロナ感染リスクの低減
主 な 改 善 内 容
職場内感染リスクに、社員の帰宅時の体温が不明、社外からご来社された方の体温が不明であった。サーマルカメラを玄関へ設置した。サーマルカメラを導入したことに依り、自動検温ができるようになり職場内感染リスクが低減した。
テーマ(5S) サーマルカメラ導入に依る情報の5S
主 な 改 善 内 容
サーマルカメラを設置する以前は各リーダーに依る検温が毎朝玄関で行われていた。サーマルカメラの導入で各リーダーに依る検温時間が削減された。又、検温データを勤怠表へマクロ改定し、全社勤怠表が短時間で作成できるようになった。

 

部署名 営業Gr
テーマ(安全) 受入れ材料置き場、扇風機の配線改善
主 な 改 善 内 容
受入れ材料置場で使用している扇風機の配線がコンセント位置の関係で通路に飛び出してしまう。足を引掛け、転倒、打撲の恐れがある。配線を溝に這わせ、材料の梱包材に使用されているコーナー保護材を蓋として再利用し、配線が飛び出てこない工夫をした。
テーマ(5S) 倉庫の金型棚設置、倉庫周りの2S
主 な 改 善 内 容
倉庫のサービス用金型がベタ置きとなっており、捜索及び取り出しに時間がかかっていた。金型リストを作成し、生産技術Grに金型用棚を製作依頼をした。製作した棚にペンキ塗りをし、錆対策を行った。棚に金型を移動し、すぐに取り出せるようになった。

 

部署名 生産技術Gr
テーマ(安全) 浄化槽縞鋼板の修理
主 な 改 善 内 容
浄化槽の蓋が老朽化しているため、蓋の上に乗ると落下し、重症、もしくは死亡する恐れがある。浄化槽の蓋を材質変更した。今後も浄化槽点検時に目視確認を行っていく。
テーマ(5S) 旧ライン解体による活スペース確保及びリユース
主 な 改 善 内 容
生産ラインで新規にラインを立ち上げた事により、旧ラインの必要性が無くなった。既存設備を残したままだと約42㎡のスペースの無駄が発生する。使用しなくなった設備の為、老朽化で入替を検討していたロボットと入替を行った。再利用のできないセル、スポット工程も解体を行い、活スペースを確保した。

 

優秀賞受賞

 

部署名 第2製造Gr
テーマ(安全) 電極研磨用ボール盤の切粉飛散対策
主 な 改 善 内 容
電極研磨用ボール盤に囲いを設置し、周辺への切粉の飛散防止対策を行ったが、正面側にガードがない為、作業者に切粉が当たってしまい切傷や火傷の恐れがあった。削った切粉が作業者に飛ばないように正面側にもガードを取り付けた。作業者に切粉が当たらないようになり、怪我のリスクが減った。
テーマ(5S) 旧現場事務所のレイアウト変更
主 な 改 善 内 容
旧現場事務所の移動後、エリアが空いたが有効利用されていなかった。消耗品市場をメイン通路側に移動し、備品棚を消耗品市場の裏に設置した。エリア内の1Sを実施し備品棚裏の空いたスペースを第4製造溶接組立ラインのエリアとして使用した。

 

 

 

部署名 第4製造Gr
テーマ(安全) 移管部品プレス金型の安全確保
主 な 改 善 内 容
ローラーフレームに金型を載せた時、フレームに載せられる金型の面積が小さい為、金型がバランスを崩して落下し足や手を骨折する恐れがある。金型底面にフレームを追加し、ローラーフレームに載せてバランスよく移動できるように変更した。
テーマ(5S) タップラインの二の字化(人の動きを優先したレイアウト変更)
主 な 改 善 内 容
以前、タップ機は自動機が主力だったので、手動機と自動機を離して設置し、並列(一の字)レイアウトだった。近日は生産が増え、自動機・手動機間の移動が多発している為、二の字ラインに変更した。人の動きが一目でわかるようになり、長距離の往復移動も省けて管理がしやすくなった。タップ機間の移動の無駄をなくすために、間を3m間隔にした。

 

次回開催日時:2021年11月23日(火)15:10~16:30