”大地”


生ゴミリサイクルシステム”大地”とは

生ゴミを土に戻す完全リサイクルを実現する、業務用生ゴミ・リサイクル・システムです。

 
     バイオ材「VS34」と米ヌカを使用し、生ゴミを熟成肥料に1ヶ月で再生します。



  2002年6月25日に
  グリーン購入法特定調達物品として登録されました。

 

大地の使用方法

 


投入した生ゴミ
1. 生ゴミを投入する前に、
"大地"の一方の槽へ
VS34(20kg)と米ぬか(30kg)を
投入します。
2. 生ゴミを投入します。
約30kg/日 × 14日間=約420kg。

発酵分解中の生ゴミ
3. 15日目から、もう一方の槽へ
1.、2. .の手順で、
同じように生ゴミを投入します。
4. その間、最初の槽は、生ゴミを
発酵肥料として熟成させますので、
14日後に取り出します。

熟成した生ゴミ
5. その後は、同じ14日サイクルで、
左右の槽に生ゴミを交互に
投入してゆきます。

 

”大地”で作った発酵肥料の使用方法

そのまま土と混ぜ合わせ、野菜、花壇、緑地、ガーデニング等の肥料として使用できます。

 "大地"で作られた発酵肥料は,生ごみから作られていますので、そのまま土壌に入れても害のない安全な肥料です。
近年,農家では、有機肥料をそのまま畑に使わず、発酵菌を利用して酒を造るように有機肥料を発酵分解させ、元肥や追肥として使用するケースが増えています。その理由として、有機物から発生する有害なガスによって、植物が枯れたり、植物の病原菌が増殖して育ちにくくなることが多いからです。
"大地"で作られた肥料は、人体・その他に害がない発酵菌(VS34)を利用して、
生ゴミ(有機物)を速やかに発酵分解しているので、安心して土壌に入れられます。

なお、その際の使用量は、畑1m2に対し、500g ~ 1kgを目安とします。

 

"大地”

"大地”

取扱い商品のご案内

カリメラ

オープンドラム

saisou

オーエムシー株式会社
担当:小倉、鈴木 
〒326-0013
栃木県足利市川崎町1317
TEL : 0284-91-4122
FAX : 91-4123
Email:omc@ogura-gr.co.jp