3月度 5S指導会を開催しました

3月度 5S指導会を開催しました

開催日時:2022年3月29日(火)15:10~16:15

弊社では毎月開催していた5S指導会をコロナ禍の事情で中止しておりましたが、密を避け、時間を短縮し、5S指導会を再開しました。
日頃の安全(リスクアセスメント)・5S改善の成果発表会を行い、特に安全・品質・生産性が向上した素晴しい内容には優秀賞が投票によって決まり、表彰式では記念品が贈られます。

部署名 生産管理Gr
テーマ(安全) スペーシアエリアの安全対策
主 な 改 善 内 容
スペーシアエリアでの切断作業でパイプを切断する際、強く押し込まないとパイプが切れず、切断した瞬間にパイプの切れ端が跳ねることがあり、手や顔などを裂傷する恐れがあった。パイプカッターの刃の摩耗により切れ味が悪くなっていたことが原因だった為、替え刃を取り寄せ交換する事で安定して切断作業ができるようになった。
テーマ(5S) 外部倉庫の2S
主 な 改 善 内 容
これまでの物流ルートは西工場で生産→A倉庫へ完成品を移動→そこからお客様へ納品してから空の梱包箱を引取り→再びA倉庫へ空箱を置きに戻るがA倉庫のキャパがオーバーした為、B倉庫へ移動保管していた。西工場で必要な分をB倉庫から供給するというルートだったが今回A倉庫を1Sしたことにより倉庫キャパが空き、保管場所をA倉庫へ戻した。西工場から完成品をA倉庫へ運んできたトラックが、帰りに空の梱包箱を引き取って来るというスリムなオペレーションとなった。2S整頓の観点から物流ルートの改善ができた。

 

 

部署名 品質保証Gr
テーマ(安全) インデックスのリスク改善
主 な 改 善 内 容
検査に使用する治具が約30キロあるが治具を置く面積が小さく、ふらついてしまい転倒や治具を人力で定盤に乗せる際に腰に負担がかかり落下して脚を負傷する恐れがあった為、置き場の面積を大きくして安定させ、治具のまわりに落下防止用の枠を設置した。治具をスライドさせて定盤に乗せることができるので腰の負担が無くなった。
テーマ(5S) ピンゲージの5S
主 な 改 善 内 容
毎朝ピンゲージを点検する際、棚から取り出し箱を開けて確認する為、大変手間がかかっていたので箱の天面を切り抜き透明な板を張り付け見える化を行った。上から見るだけでピンゲージの有無を確認する事ができるようになった。また、ピンゲージを持ち出す際、従来はマスキングテープに名前を書き、借りる個所に張り付けることでピンゲージの使用管理をしていたが持ち出し者表示用プレートを設置。その場で名前を書いて差し込み、すぐに表示できるように改善した。また、ピンゲージ箱の劣化、破損があり、箱の劣化部で手を裂傷する恐れがあったので、箱全体にヤスリを掛けニスを塗ることでリスクを軽減し、箱自体もきれいになった。

 

 

部署名 第1製造Gr
テーマ(安全) グラインダーの安全対策
主 な 改 善 内 容
グラインダーで作業や始業点検を行った後、スイッチを切っても砥石が完全に停止するまで8分程度、惰性で回転を続ける為、無人となったグラインダーに他の作業者が近づき砥石に誤って接触する恐れがある。回転中の砥石に接触しないよう可動式のカバーを製作して取り付けたことにより危険性がなくなった。
テーマ(5S) ロボットDライン壁際の2S
主 な 改 善 内 容
ロボットDライン裏の壁際に不要物、段ボール、製品サンプル、消耗品等が乱雑な状態で置かれていた為、ロボットDライン裏にあるものを全部出して清掃を行った。今後週末清掃等で必要な物と要らない物を整理予定。

 

 

部署名 技術Gr
テーマ(安全) スクラップ処理の安全対策
主 な 改 善 内 容
金型にスクラップシュートが設置されていない状態の時にスクラップホール付近でスクラップを掻き出す作業で、掻き出したスクラップが身体の一部に当たる。また、スクラップホール内へ足を踏み外す危険性がある為、掻き出し作業なしでスクラップが落ちるようにシュートを作製して設置をした。
テーマ(5S) 金型整理廃棄による活スペース確保
主 な 改 善 内 容
生産が廃止になった金型の廃棄許可をいただいたので金型保管場所の整理を実施した。
(22型×1.5㎡)+(51型×1.0㎡)=84㎡の活スペース
金型ラック倉庫49棚分の確保ができた。新規金型を保管するスペースが逼迫していたが、空いた場所に新規金型を保管できるようになった。

 

 

部署名 第3製造Gr
テーマ(安全) 溶接ラインのスパッター対策
主 な 改 善 内 容
スポット溶接ラインで溶接時に出るスパッターが周囲に飛び散ると、歩行者が居た場合、目に入ると失明してしまう恐れがある。歩行者へスパッターが飛び散るのを防止する為の安全対策として、シートでパーテーションを作製し通路側に設置をした。
テーマ(5S) 組立汎用ライン化への1S
主 な 改 善 内 容
新規に専用ラインの変更をすることになったが、ガンホルダーやエアホースなどが置きっぱなしの状態になっていた為、使用しない機材を片付け、不要な設備とスペーシアを全て取り外し1Sを行った。ラインを稼働させる準備として2.7m×0.6m=1.62㎡の活スペースを確保することができた。

 

次回開催日時:4月26日(火)15:10~